電力システム

Electric Power Systems

新型環境調和型変圧器 ULTrans

Ultrasロゴ

北芝電機の新型環境調和型変圧器(ULTrans)は、絶縁油に天然エステルの植物油(ナタネ油)を適用することで、「環境性能向上」「土壌汚染防止」「安全性向上」をかなえ、「長寿命化」「低損失化」「全装可搬化」による現地工事期間の短縮を図ります。

新型配電用変圧器(ULTrans)は、お客様のご要望に応じて容量・電圧・周波数・結線などの仕様変更が可能なので、詳しくはお問い合わせ下さい。

ULTransの特長

長寿命化(60年)

ナタネ油の高い水分吸収性により、巻線絶縁紙に含まれる水分量を抑制し、期待寿命を30年から60年に延伸化します。

変圧器の寿命は、コイル絶縁紙の残存強度(平均重合度)により決まります。

絶縁紙による劣化の違い
絶縁紙による劣化の違い
絶縁油の劣化様相(着色)
絶縁油の劣化様相(着色)

電力の低損失化(約15%)

変圧器内部の流体解析にて、ナタネ油の冷却特性を改良した効果より、変圧器内部から発生する損失を大幅に低減します。

従来の変圧器と比べて負荷損を大幅に低減。
さらなる省エネルギー性能向上を実現しました。

電力の損失比較
電力の損失比較

全装可搬化および現地工事期間の短縮(最短で現地搬入後約3日)

工場で組み立てたまま現地に輸送できる全装可搬化を実現します。現地工事期間は従来の9日間から3日間程度に短縮できます。(※容量 20,000kVAの場合)

放熱器の形状変更によりコンパクト化を実現。

全装可搬化で工期短縮
全装可搬化で工期短縮

優れた安全性

新型環境調和型変圧器(ULTrans)で使用するナタネ油の燃焼点は300℃以上と引火点が高く、安全性に優れています。

トラフ試験

細長い容器に試料油を入れてガスバーナーで着火、燃焼による変化の様子を観察します。
鉱油系絶縁油はすぐに燃焼し始めますが、ナタネ油は60秒後も火が着きません。

優れた安全性

環境負荷低減に配慮

CO2の削減

ナタネ油の廃棄処理時に発生するCO2は、アブラナが生育時に吸収したCO2と同等であるため、地球温暖化防止に貢献します。
(カーボンニュートラル効果)

弊社製品に使用するナタネ油は、ナタネの生育、精製、焼却を通したライフサイクル全体のCO2排出量がとても少なく、カーボンニュートラルな素材です。鉱油系絶縁油に比べ、環境負荷の低減を図ることができます(CO2 排出量を1/6に低減)。

環境負荷低減に配慮

土壌汚染防止

ナタネ油の生分解性は89%と鉱油の17%より高く、環境汚染防止が図れます。(油メーカー比較値)

ナタネ油の生分解性
ナタネ油の生分解性
バクテリアによる分解の様子
バクテリアによる分解の様子

定格・仕様

容量 ~ 200MVAクラス
冷却方式 油入自冷式、油入風冷式、導油風冷式
周波数 50Hz または 60Hz
電圧 ~ 187kVクラス
位相変位 Yy0 または Yd1
油劣化防止方式 本体:無圧密封式(OH-D) LTC:無圧密封式(OH-D)
TOP