環境経営

Environmental management

環境基本方針

当社は、福島、東北の人々と社会に元気と夢を与え、未来の子どもたちに美しい豊かな自然を手渡すために、北芝グループ全体の事業において、環境にやさしい自然エネルギーを支える製品群とソリューションにより、脱炭素社会、循環型社会、自然共生社会をめざした環境活動により、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境経営の推進

関係する法令や国際ルールを遵守し、環境に配慮した事業活動に取り込むとともに、事業に関わる関係先と連携し、環境活動を発展させていきます。
事業活動、製品・サービスにかかわる環境側面について、生物多様性を含む環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止などに関する環境目標を設定して、環境活動を推進します。

環境調和型の製品・サービスの提供

製品・サービスの開発・設計・調達・製造・販売の段階において、エネルギー効率の向上、小型化・軽量化による資源投入量の削減、特定化学物質の含有量削減・代替化などにより、持続可能な社会の実現のため、社会に与える価値や意義を考え、将来を見据えた環境技術の開発に努めます。

環境負荷軽減の推進

事業プロセスにおいて、限りある資源やエネルギーの効率的活用を推進し、CO2排出量や温室効果ガス・化学物質排出の抑制、廃棄物総発生量の削減などにより環境負荷の低減と汚染の防止に努めます。

自主的な環境保全への取り組み

教育を通じて、環境に対する意識の向上に努めるとともに、社会との相互理解・協調を積極的に推し進め、自然保護活動など地域における社会貢献活動に取り組みます。

2019年4月1日

取締役社長 (環境経営責任者)

清野 弘
TOP