環境経営

Environmental management

代表挨拶

地球環境と事業活動を調和させた経営を推進します

現在、私たちを取り巻く環境は、地球温暖化の影響による気候変動や人口増加にともなう資源の枯渇など、さまざまな問題が複雑に絡み合い深刻化する中で、国連サミットにおいて「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、地球規模の課題解決に向けた取り組みの重要性がより一層高まっており、企業が果たすべき役割は年々高まっています。

取締役社長 清野 弘

取締役社長 清野 弘

当社は東芝グループの一員として、「地球と調和した人類の豊かな生活」の実現に向けて、事業活動を通じてさまざまな環境課題の解決に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していきます。太陽光・風力・水力発電システムなどの再生可能エネルギー関連機器や高効率機器の開発・提供による「低炭素社会」の形成、ゴミの減量化・リサイクルの推進などによる「循環型社会」の形成、人間の社会生活と自然の営みが調和した「自然共生社会」を目指した環境活動により、社会における環境負荷を低減し、地球との共生を図ります。

人々の暮らしと社会を支える事業を展開する企業として、環境マネジメントを強化し、さまざまな活動を通じて福島、東北の皆さまをはじめステークホルダーの皆さまとの情報交換を行ってまいりますので、ご支援のほどお願いいたします。

取締役社長清野 弘

北芝環境スローガン

手から手へ、未来へわたそう豊かな自然

北芝環境報告書

環境経営の推進に関してや、環境調和型製品・サービスの提供、環境負荷軽減の推進、自主的な環境保全への取組み、地域における社会貢献活動を報告しております。

北芝環境報告書

北芝環境報告書
(PDF 2,400KB)

TOP