北芝電機株式会社

当社の製品、資材調達、採用情報についてその他ご意見・ご要望等のお問い合わせはメールにてお問い合わせください。

HOME >> ご挨拶

ご挨拶

『いい会社』 に なる

写真

取締役社長 管野 義知

北芝電機は1950年(昭和25年)に福島県福島市松川町に誕生し、創業以来67年、地元福島・東北に密着した企業として、電力・社会インフラ分野に幅広く商品・サービスを提供、社会の発展に貢献してまいりました。

弊社は2016年4月に2020年までの中期経営計画を策定し、中計ビジョン達成へ向けてスタートし、2年目を迎えました。 そのビジョンは、『 福島、東北の人々と社会に元気と夢を与え、 その再生と復興を全世界に発信するために環境にやさしい自然エネルギーを支える 製品と ソリューションにより、再生可能エネルギー100%社会を実現可能にするシステムインテグレーターとして お客様から選ばれ、世界が注目する 福島再エネモデルを 実現している 』 です。

これまでの製品単体販売からシステムソリューション事業へと大きくシフトし、システムインテグレーターとして「電気を創る、送る、蓄める」を掲げ、新たな社会インフラの構築をリードしてまいります。また、未来のエネルギー社会実現に向けた太陽光、風力、水力、地熱発電などの再生可能エネルギーシステムや、水素関連事業をはじめとする新エネルギーシステムを福島の地から地元に密着した企業として、地球にやさしい製品・ソリューションを通じて提供し、その存在を世界に発信してまいります。

その先駆けの商品として昨年、新型の環境調和型変圧器『ULTrans』を市場に投入いたしました。この変圧器は絶縁油として従来の鉱油(原油を精製)に替えて、空と大地によって育まれた菜の花から抽出されたナタネ油を採用し、更に最新の設計技術とナタネ油の特性を最大限に引き出すことによってライフサイクルを画期的(2倍)に延ばすなど、お客様の本当のニーズに答えた商品を提供することが出来ました。そして今年、私たちは2020年までに、このような世の中にとって革新的な商品を7つ生み出していくことを宣言しました。
その為には、何よりも北芝電機で働く一人ひとりが元気でなければならない。昨年から本格的な働き方の改革に着手し、今年具体的な指標を掲げ「いい会社」なることを第一の目標にすると宣言しました。従業員が働く喜び、生きがいを感じ取れる環境に居て、はじめてより良い商品が生まれる、をモットーにこれからもお客さまの目線に立ち、お客さまと共に課題解決の道筋を考え、お客さまにとって真に価値のある製品づくりに取り組み、新たな感動をお届けできるよう、「誠意と気概」を以て自ら挑戦と成長を続けてまいります。

 今後とも、ご愛顧とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。